「固定厨」「雑食」「地雷カップリング」ってなに?腐女子用語の解説と、趣向の深さを考察【腐女子からの仏教 後編】

いよいよ夏の風物詩、コミケが始まりました。

コミケの参加サークルの半数を占める「腐女子」向けサークル

前回記事では腐女子とはどういう生き物なのか、具体例を出しながら解説しました。

年々勢いと知名度を増している「腐女子」と呼ばれる女性たち。

どうしてこんなに腐女子界は盛り上がっているのでしょうか
15年以上腐女子として生きてきた私にとっても、腐女子界は奥深いです。

「固定厨」「雑食」などの腐女子用語を今回は解説、仏教好き腐女子が、深い仏教哲学の視点からそのディープな裏世界を考察します。

(2017/01/17加筆しました)

「固定厨」「雑食」とは?腐女子用語を解説!

固定厨」「雑食」「地雷カップリング」。

腐女子の方なら一度は聞いたことがある言葉ではないかと思います。

「固定厨」とは、A×Bは萌えるけれどリバ(リバーシブル、つまり受けと攻めが反対のB×A)は絶対萌えない!というような、カップリング固定派の腐女子さんのことをいいます。

(「厨」を付けると人によっては揶揄の意味合いを感じるので、この記事ではこれ以降「固定派」と表現します)

ここでいう「左右」とはAとBが左表記の「攻め」なのか、右表記の「受け」なのか、ということです。

筆者の場合、現在「刀剣乱舞」の二次創作カップリング「燭台切三忠✕へし切長谷部」に萌えています。

ですから基本的には「燭台切三忠✕へし切長谷部」の同人誌しか買いませんが、話の構成や絵柄が好きな作家さんなら「へし切長谷部✕燭台切三忠」の同人誌も買って読みます。
また、女性主人公とへし切長谷部が恋愛をするNL(ニュートラルラブ)のカップリング「へし切長谷部✕女審神者」も好きです。

こういう人は「雑食」と言われています。何でも捕食するという意味でしょうね。

対して「固定派」の方は「燭台切三忠✕へし切長谷部固定」の場合、「へし切長谷部✕燭台切三忠」や「へし切長谷部✕女審神者」は萌えないという傾向があります。

人間関係トラブルの元に!「地雷」カップリングは絶対ダメ

「固定派」の方にとって、例えば「燭台切三忠✕へし切長谷部固定派」の場合「へし切長谷部✕燭台切三忠」、つまりリバカップリングは「地雷」カップリングになります。

「地雷」(じらい) とは、関わったり近づくと酷い目に遭う、不幸になってしまう…といったような意味の若者言葉の一つです。

地雷/ 同人用語の基礎知識 地雷/ 同人用語の基礎知識

腐女子=男同士の恋愛なら何でも萌える、と腐女子は思われがち。

しかし実際は「このカップリングは萌えるけど、他のボーイズラブは気持ち悪い」というくらい、カップリングの好みがはっきりされている固定派さんもいらっしゃいます。

一方で「ボーイズラブなら何でも萌える!」というような雑食腐女子さんもいます。

私はカップリングの好みは強いものの、他のカップリングの同人誌も読む点では「雑食」腐女子です。

腐女子になって15年間、同じカップリングが好きで交流している固定派の方にうっかり相手の地雷カップリングについて語ってしまった…という失敗はあります。

さらに昨今はSNS環境の普及により、Twitterで同じカップリングが好きな同志と簡単に接触できるようになりました。

その半面、意図せず固定派の方が地雷カップリングのイラストを見るはめになってしまうケースもあります。

Twitterである人が(「おそ松さん」のカップリングである)『カラ松×一松固定萌えです!』とプロフィールに書いてあったからフォローしたら、『一松×カラ松』のイラストを普通にリツイートしてきて、見たくない苦手な地雷カップリングのイラストを見せられ強い不快感を覚えた

交流したかったけど地雷を見せられるのが苦しくて結局フォロー解除した

『固定』の意味分かって使って欲しい。

というような怒りと悲しみの声も目にしたことがあります。

カップリングの好みは、たかが「萌え」の好み、されど「萌え」の好み。
腐女子にとって人生の活力剤ともいえる萌えの趣向は、時には人間関係のトラブルにもなるくらい、大事なことなのです。

SNS上で広がる「地雷」避けの配慮とは

マナーとしてTwitterなどのSNSでよく腐女子は、同じような萌え傾向の人と仲良くなるために、自分はどんなカップリングが好きなのかという推しカップリングを自己紹介として掲載します。

たとえば私の場合、Twitterのプロフィールに

刀剣→燭へし、へしさに、主へし、 石かり、安清

おそ松→カラ一

Fate→言ギル

というように好きなカップリングを記載してます。

こうすることで萌えを共感できる友達が欲しい人が

「私も『燭へし(燭台切三忠✕へし切長谷部)好きなんだよな〜萌え語りできそう』」

あ、この人私と同じ『カラ一(カラ松✕一松)』が好きだ!フォローしてみようかな

というような繋がり方ができます。

逆にたとえば「男女カップリングである『へしさに』は地雷」という腐女子さんは「この人は私にとって地雷なカップリングについてツイートするだろうからフォローしないでおこう」と予め避けることができます。

私がフォローさせて頂いている人気同人作家さんのプロフィールを見ていくと

■松は長男受け四男受けが地雷です。他は基本的雑食

■カラ一 その他四男受固定

■雑食性の燭へし村在住。

というように、固定カップリングや地雷カップリングがあることを一言で分かりやすく書かれています。

■推しはチョロ松、十四松。カプはおそチョロ、トドチョロ、カラ一、数字松、カラトドを好んで食しますが地雷は皆無です 。

と地雷が無いことを明言されている作家さんもいました。

同人活動を本格的にされている方は、短いプロフィールに配慮をきちんと込めておられますね。
私も見習わせて頂きたいです。

萌えの違いは、異なる「業界」に住んでいるから

このように同じ腐女子でも、お互いの心の大事な部分「萌えるカップリング」は人それぞれ。

固定派が悪い訳でも、雑食が無節操な訳でもありません。
萌えの心は千差万別というだけなのです。

前回記事で「業界(ごうかい)」という仏教の言葉をご紹介しました。

「業」とは「行為」のこと。

業界とは、過去にしてきた行為が生み出した世界という意味で、私たちは今までの行為や経験が生み出した業界に住んでいる、と仏教では教えられています。

生まれてから今まで、全く同じ行為、経験をしてきた人間はいないので、自分と全く同じ業界を持つ人はありません

「腐女子」と一口に言われる私たちではありますが、同じカップリングを見ても、「燭台切三忠✕へし切長谷部萌え~~っ!!」となる人もあれば、「は?なんで長谷部が受けなの?ありえない…地雷…」となる腐女子さんもいます。

その理由は業界が同じ腐女子、もっと言えば業界が同じ人間は一人もいないからなのです。

ですから、同じカップリングに萌えている友人と話をしてみると、昔萌えていたカップリングは全然違いますし、リバのカップリングを扱った同人誌が読めるかどうかも違います。

いわゆる18禁同人誌で描かれる展開が萌える腐女子もいれば、ピュアなラブが好きで、セクシーな描写はあまり好まない腐女子もいます。

たとえ腐女子という共通項を持っていても、全く同じ経験、環境で生きてきた人間はいないので、腐女子たちの業界も人それぞれ全く違うのです。

それ故、あるキャラクター二人をみたときの受け止め方も腐女子によって違うので、100%お互いの「萌える」心を分かりあえることはありません。

腐女子でなくても、親兄弟や恋人でさえ、自分の全てを理解してくれと相手に要求し合ったら喧嘩になりますよね

腐女子の集まるイベントがこんなに盛り上がるのは「共業」から

千差万別の業界を持っている私たちが、お互いの心を100%分かり合えることはありえないので、私たち人間は孤独です。
そういう意味で腐女子も皆孤独を抱えています。

しかし腐女子は、「同じカップリングに萌える」という点で、会話や交流が非常に盛り上がります

それは「好きなカップリング」が一緒という点で、業界の一部に重なる要素があるからです。

これを「共業(ぐうごう)」といいます。

同人誌を読めば、たとえ直接話はできなくても、萌えを共感でき、同じ「共業」を持つ人がいることが感じられるのです。

萌えという心は、腐趣味のない多くの人には理解されず、腐趣味があっても人によっては強いこだわりもあり、時には人間関係のいさかいも生みます。

だからこそ、共感できる人と出会えたときの喜びは一際大きい

コミケをはじめとする同人誌即売会に腐女子がこれだけ結集し、盛りあがり続けているのは何故か。

それは各々の業界に生きる孤独な腐女子たちが、なかなか出会えない「萌え」という共業を持つ存在と出会える場だから

人の孤独を癒やしてくれるものが、そこにあるからなのです。

こちらの記事も読まれています

 

基礎から仏教を学びたい人へ
一から体系的に仏教を学べる「メール講座」

「そもそも仏教って一体どういう内容?」「仏教でコーチングできるようになりたい」という人のために、仏教アカデミーでは0から仏教を学べるカリキュラムを用意しています。

まずはメール講座から気軽にチャレンジしてみてください。
メール講座では仏教の基礎である「因果律」を学べます。

  • 忙しくてもスマートフォンでも学べる
  • それぞれに簡単な課題もあり、アウトプットを通じてより深く学べる
  • 費用は不要(お気持ちをいただければ幸いですが、あくまで任意)
  • 詳細は以下のボタンから!

    感想やご意見・ご質問はコチラから

    読んでいただき、ありがとうございました!感想はもちろんご意見ご質問をお聞かせくださいませ。お悩み相談も承ってます。仏教からのカウンセリングもしています。

    ご自由にお書きください

    メールアドレス*(返信のため)

    ABOUTこの記事をかいた人

    獄上(ごくじょう)

    中学生でBL萌えに目覚めてしまい、腐女子になってはや15年近く、筋金入りの「腐った」OL。 三国志大戦、Lord of Vermillionといったカードゲームや音楽ゲームが大好きで、ゲーセンゲーマー歴も気付けば7年になってしまいました。 「刀剣乱舞」の燭台切と長谷部や「Fate」シリーズの英雄王、「おそ松さん」の四男に萌える毎日!