「イイ男」とは「◯◯のイイ男」?『東京タラレバ娘』から知るイイ男の定義

女はいくつになっても

彼色に染まりたい

生きものなんです♡

って言える女だったら

今頃とっくに結婚できてるっつーの

東村アキコさんにより講談社「kiss」で連載中の『東京タラレバ娘』。

辛い…」「分かる…」という未婚アラサー、アラフォー女性からの強い共感を得て大ヒットし、累計発行部数は330万部を突破しました。

『東京タラレバ娘』たちの姿は、まるで現代女子の苦しみを表現しているよう。

今回は原作3巻〜4巻から学べる、現代社会で頑張るタラレバ娘たちが幸せになるヒントを解説します。

(参考)「『東京タラレバ娘』からの仏教」第1回(この記事だけでも読めます)

仕事から逃げるように、マッチョなイケメン経営者に恋をした倫子

決めた

私 あの人のこと好きになる

あの人と恋をするわ

主人公・鎌田倫子は33歳になってから恋も仕事も不調続き。

ネットドラマの脚本をピンチヒッターで書くことになるのですが、続きのストーリーがどうしても思いつかず苦戦していました。

倫子はTSUTAYAで参考作品を探していたところ、高身長なイケメン・奥田さんと出会います。

奥田さんの経営する映画バーで久々にときめきの夜を過ごした倫子でしたが、事務所に帰ると衝撃の事実が。アシスタントとして働く19歳のマミちゃんがピンチヒッターを引き受けることになり、倫子は再び無職同然の状態になってしまったのです。

うまくいかない仕事から逃げるように、倫子は奥田さんとの未来に夢を膨らませます。

そんな虚しさは

この人が埋めてくれる

絶対にこの人なんだ

見つけたんだ

「運命の人」のように見えたイイ男との関係に思わぬ障害が…

「髪型変えろってか」

「ええ、コレに」

「えっコレ? コレって…ソ…ソバージュ!?古っ」

「何!?こんなジャネットジャクソンみたいな頭にしろって!?大丈夫そいつのセンス!?」

例のごとく、いつもの居酒屋で女子会を開くタラレバ娘たち。

議題は倫子が付き合い始めた映画バーの経営者、奥田さんのことでした。

独身仲間にデートのお誘い電話をハンズフリー機能で聞かせるほど幸せ一杯だった倫子ですが、デートを重ねること数回で悩みが。

きっかけは「好きな映画に出てくる女優と同じ髪型にしてほしい」と言われたからでした。

名作映画が好きな奥田さんは、作中に出てくる女性と同じ、古臭いソバージュにしてほしいと倫子に言ったのです。

独身仲間・香と小雪はイイ男と結婚するためなら多少の妥協は必要だと説得します。

「いや待て落ち着け二人とも、でもでもそのセンスが映画のせいで古いとかそーゆーとこ以外はイイんでしょ!?」

「イイそれはものすごくイイ!」

「顔も?」

「イイ」

「体も?」

「マッチョ!!」

「性格」

「優しい!」

「そしてHのほうも…」

「超爆裂最高であります、軍曹!!!」

よし!!では明日一番に美容室に行ってチリチリパーマかけてこい!!!

しかし“もし自分が同じことを彼氏に言われたらパーマかける?”と聞かれると、香も小雪もイヤだと即答

髪型を自分の好みに変えて欲しいという要望は、苦手な女性多いですよね。

「わかっちゃいるけど 耐えられない」運命の人の耐えられない一面

倫子は自分に我慢が足りないだけだと言い聞かせ、奥田さんのために美容院に。

しかしスタイリストに

「やっぱやめといたほうがいいですよ!パーマって1回かけちゃうと気に入らなくて戻した時痛んじゃうし

若い頃の健康な髪とまた違いますからねー」

と言われソバージュはあっさり断念します。

その後会った奥田さんは笑顔で一言。

「あれ?髪…あ、そっかそっか

ごめんね急かして、早く見たくてさ、倫子さんのブロンディ」

さらに奥田さんは自分の趣味を彼女に押し付けるタイプの男性で、倫子が脚本家を目指すきっかけとなった作品『SEX AND THE CITY』を見たいと言うと

「ごめん、俺あれ系は観ないから」

と一蹴。倫子が「男は大好きだけど女が観ても全然面白くない映画No.1」と思う名作『ダークナイト』を流し始めます。

倫子の趣味には一切合わせずに自分の趣味を押し付けてくる奥田さんに思わず

「奥田さんはもし私が映画好きじゃなくっても…付き合おうって言ってくれてました?」

と問いかけると奥田さんは笑顔で返します。

「倫子さんが映画ギライでもきっと好きになってたよ、それにそのほうが年間300本見せて映画マニアに育てる楽しみがあるしね!

と項垂れる倫子の頭にポン、大きな手を乗せるのでした…

わかってる

わかっちゃいる

わかっちゃいるけど

そう

わかっちゃいるのよ

わかっちゃいるけど

耐えられない

「イイ男」はどこに転がっている?自分の心を見つめていくとそのヒントが

ああ

つきあい始めのときめきが

この広い東京の空に塵となって

散っていく

ああ

また蒸し返すけど

やっぱあの時

早坂さんと付き合ってればよかった

早坂さんはドラマ業界の人だから映画にもすごく詳しかったはずだけど

彼女に押しつけがましく映画うんちく語ったりなんてしないはず

タイムマシンであの時に戻って23歳のあたしに教えたい

思いつめた時の癖で、東京タワーに登った倫子。

頭をよぎるのは、10年前、冴えないルックスだけど気疲れしない男・早坂と付き合っておけば良かったという後悔でした。

しかし後悔先に立たず。

早坂は今は別の女性と交際中で、話していて疲れてしまう「運命の人」とも結局倫子は別れることにしたのでした。

イイ男がいない」「イイ男に出会うには…」と悩んでいる女子は多いと思います。

「イイ男」ってどうしたら出会えるのでしょうか?

最初は運命の「イイ男」だと思ったのに一緒にいて「耐えられない男」になってしまった奥田さん。

たしかにどんなにイケメンでも、彼女の前で自分の趣味全開な男性で、彼女も同じ趣味にハマることを求めてくる男性ってちょっと…と思う女性は多いでしょう。

しかし世の中には男性向きとされるようなアクション映画が好きな女性もいます。そんな人にとっては、奥田さんはまさしく運命の人となったでしょう。

また無趣味で、何か趣味を持ちたいと思う女性なら「映画マニアに育てる」自信のある奥田さんによって、共通の趣味を夫婦で楽しめるようなカップルになれたかもしれませんね。

つまり目の前にいる男が「イイ男」かどうかは、本人の「都合」によるのです

結婚したときは「イイ男」にしか見えなかった相手に嫌気が刺し、最終的に離婚する夫婦は3組に1組もいます。

「イイ男」の条件って実は、イケメンでも気が合うことでもないのかもしれません

ちょっと極端ですが、家事を一切しない非協力的な夫でも家事が大好きでこだわりのある女性にとってみれば「イイ夫」に見えるかもしれませんね。

私たちが相手の良し悪しを判断する際、その人の「都合」というものは切っても切り離せないものです。

倫子も最初は「イケメンと結婚する」という都合に合う男に奥田さんが見えていました。

でもお付き合いするうち、同じ映画好きでもジャンルが違って話が合わないし、趣味を押し付けてくるところに不快感を感じるという不都合が生じ

つきあい始めのときめきが

この広い東京の空に塵となって

散っていく

と思ってしまうようになってしまった訳です。

ご紹介した倫子のセリフではないですが、トンチで有名な禅宗の僧・一休さんもこんなことを言っています。

今日ほめて 明日悪く言う 人の口 泣くも笑うも嘘の世の中

「イイ女」は「イイ男」に幸せにしてもらおうという考え方をしない!?

倫子は奥田さんと出会ったばかりのとき

「もし彼と結婚したら

あのお店手伝ったりとかしたりしてさ

なんなら脚本家なんて辞めて

結婚してから普通にパートとか

アルバイトとか気楽な時給仕事やればいいし

と言っていました。

まるで「イイ男」が白馬の王子様のようにやってきて、自分を幸せにしてくれるように考えているフシが見られます。

しかし実際には、今日「絶対にこの人なんだ 見つけたんだ」と思っていた人も、それは自分の都合に合っていただけで、都合が悪くなれば明日には「耐えられない」となることもあります

「イイ男」に幸せにしてもらおうという魂胆ではなく、自分が相手を幸せにできてこそ「イイ女」なのですね。

この人ステキ!とときめいたときこそ、自分の「都合」で相手を見ていないか、注意が必要

私も「イイ男」にときめくことがあれば、我が身を振り返りたいと思います!(笑)

 

基礎から仏教を学びたい人へ
一から体系的に仏教を学べる「メール講座」

「そもそも仏教って一体どういう内容?」「仏教でコーチングできるようになりたい」という人のために、仏教アカデミーでは0から仏教を学べるカリキュラムを用意しています。

まずはメール講座から気軽にチャレンジしてみてください。
メール講座では仏教の基礎である「因果律」を学べます。

  • 忙しくてもスマートフォンでも学べる
  • それぞれに簡単な課題もあり、アウトプットを通じてより深く学べる
  • 費用は不要(お気持ちをいただければ幸いですが、あくまで任意)
  • 詳細は以下のボタンから!

    感想やご意見・ご質問はコチラから

    読んでいただき、ありがとうございました!感想はもちろんご意見ご質問をお聞かせくださいませ。お悩み相談も承ってます。仏教からのカウンセリングもしています。

    ご自由にお書きください

    メールアドレス*(返信のため)

    ABOUTこの記事をかいた人

    獄上(ごくじょう)

    中学生でBL萌えに目覚めてしまい、腐女子になってはや15年近く、筋金入りの「腐った」OL。

    三国志大戦、Lord of Vermillionといったカードゲームや音楽ゲームが大好きで、ゲーセンゲーマー歴も気付けば7年になってしまいました。

    「刀剣乱舞」の燭台切と長谷部や「Fate」シリーズの英雄王、「おそ松さん」の四男に萌える毎日!