「おもしろきこともなき世を面白く」の意味のザンネンな誤解とは?

おもしろきこともなき世を面白く」…そんな座右の銘を掲げている方も多いですよね。

しかし、この言葉メチャクチャ誤解されることがあるって知っていましたか?高杉晋作の有名な言葉なのに誤解されるのはちょっと悲しいですよね。そこで今回は、「おもしろきこともなき世を面白く」の本当の意味について考察していきます。

「おもしろきこともなき世を面白く」の誤解とは?

まずはこの句についてですが、どんな誤解がなされているのでしょうか。

一番よくあるのは「世の中は面白くないけど、俺が面白くしてやるぜ!」と言うものです。確かに上の句だけ見たらそんな意味に取ってしまいますよね。心意気は立派ですが、句全体の意味としては間違っています

実はこの句には下に続くものがあるのです。次はそれを踏まえて正しい意味を考察していきましょう。

下の句を続けてわかる本当の意味

桜の画像

下の句は「すみなしものは心なりけり」というもの。続けるとこのようになります。

おもしろきこともなき世を面白く
すみなしものは心なりけり

実はこの下の句は高杉晋作が作ったものではなく、知り合いの人が付け加えてしまったのだとか。しかし、石碑にも掘られているほどにこの下の句も有名なものとして知られています。

この下の句の意味は、「するものは心である」という意味。
上の句とあわせて意味を取ると、「面白くもない世の中を面白くするのは心である」という意味になります。

つまり、「世の中は俺が面白くしてやるぜ!待ってろ世界!」といった意味はズレていて、本来の意味は「心のありようで世界は面白くもなるしつまらなくもなる」という意味なのです。
でも、「心のありようで世界が変わる」とはどういうことなのでしょうか。ここにはただのポジティブシンキングを超えたものがあると思います。この意味を仏教の観点からより深掘りしてみましょう。

すべてが心の思うままとはどういうこと?

庭園の画像

「すべては心の思うまま」とはよく考えるとよくわからなくなってくる話です

だって、私たちが「3億円当てたい!当たってくれ~」と心で願っても当たらないですよね。むしろ日常では悪い出来事に遭遇することの方が多いように感じて、全然心の思うままではないと思ってしまいます。

でも、仏教から言えばすべては心の思うままなのです。この点を詳しく見ていきましょう。

私たちの行いはすべて自業自得

仏教では「自業自得」ということが説かれています。
この言葉も勘違いされやすいのですが、私たちの行いは良いものも悪いものもすべて私自身に原因があるという意味です。

私たちは過去から今まで様々な「行い」をしています。そのやった行いは消えるのではなく、種となって残り続けるのだと仏教は教えられています。そしてふさわしい縁が来たとき、その種は芽を出し我々の前に「結果」として現れるのです。

でも、ここまで聞いても先ほどの問いには答えられていないですよね。それについて「行い」について仏教ではどう教えられているのかを詳しく見ていきましょう。

行いは心が最も重視される

「行い」と一口に言っても私たちは3つの行いをしていると説かれています。
3つとは心・口・体の3つです。そして最も重んじられているものこそが心なのです。

考えてみれば、私たちは心で思ったことを口に出したり、行動に移したりしています。「喉が渇いた」と思うから水を飲むのであり、「馬鹿にされた」と怒るから罵詈雑言を浴びせるのです。

よく「心にもないことを…」などと言いますが、本当に思ってもいないことなら言ったりやったりはしません。ある意味私たちは心の奴隷なのです。

つまりは心が世界を決める

この観点から言うと、私たちの受けている運命という結果はすべて心が決めているということになります。

私たちが悪いことを思ったからこそ悪い結果を受け、良いことを思ったからこそ良い結果を受けているのです。そして私たちの運命はすべて自業自得。つまり、心で思ったことがそのまま、私たちが見て感じている世界を生み出しているのです。

「すみなしものは心なりけり」とはいいますが、本当に深い意味では仏教が教えている自業自得に通ずるものがあるのではないでしょうか。高杉晋作もそれを実感していたのかもしれませんね。

仏教の教えとはどんなもの?

仏教には今回紹介した自業自得ということが説かれています。

こう聞くと、「なんだか悪いことしか思ってない気がする…そんなの聞きたくないよ」と思うかもしれません。しかし、自分の本当の姿を見つめるということは崩れない幸せになるために必ず必要なものなのです。

では、仏教で教える崩れない幸せとはなんのことなのか、詳しくはメールマガジンで案内しています。少しでも興味を持った方は一緒に学んでみませんか

ご案内20代からの仏教アカデミーでは、身近なところから仏教をわかりやすく伝えています。
「もっと仏教のことが知りたい!」「ちょっと気になってきたかも…」
という方はメールマガジンでもっと詳しい情報を案内しているので、ぜひ受け取ってみてくださいね!
 

20代からの仏教アカデミーにメールで入学!?

「仏教ってどんなことを教えてるの?」
「20代からの仏教アカデミーに関心あるけど、どこから始めたら?」

そんな人のためにスマホで読める基礎演習をメールで配信しています。

無料です。まずは詳細へGO!

  • スマホで学べる
  • もちろん無料
  • 見やすいデザイン
  • 感想やご意見・ご質問はコチラから

    読んでいただき、ありがとうございました!感想はもちろんご意見ご質問をお聞かせくださいませ。お悩み相談も承ってます。仏教からのカウンセリングもしています。

    ご自由にお書きください

    メールアドレス*(返信のため)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ushy

    自分をどこかの星の高次元生命体の生まれ変わりだと思っている精神異常者。趣味は「進撃の巨人」の奇行種の真似をしながら妹に襲い掛かること。 「狼と香辛料」の賢狼ホロのような女性と結婚するのが将来の夢。 好きな遊戯王カードは【死霊伯爵】で、フィッシュアンドチップスがあれば幸せにお酒を飲める能力を持つウルトラレアカード。