【刀ステ感想・ネタバレ注意】悲伝「鵺と呼ばれる」の刀剣破壊セリフ「僕たちはどこに向かっているんだろう」の意味を考察する

Blu-ray・DVDが発売された「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」。

オリコン週間DVDランキング、Blu-rayランキングでともに初登場1位となり「刀ステ」シリーズ3作品連続の首位獲得となりました。

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰(初回生産限定版) [Blu-ray]

悲伝 結いの目の不如帰』は、今年6月の上演開始直後から衝撃的な展開が大きな反響を呼び、ファン待望の円盤リリースでした。

ストーリーとともにファンの間で話題になっていたのが、このコラムでご紹介する「鵺と呼ばれる」です。

事前に登場人物紹介がない隠れキャラクターとして登場した「鵺と呼ばれる」は、ブロマイド化を希望する声が多くあがり、後にブロマイド個人セットが発売されました。

今回は前回に引き続き「鵺と呼ばれる」が苦しんだ「自分とは何か」という問いかけから、私たち人間の姿について考えてみたいと思います。

※「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」ストーリー全体についてはこちらのコラムでご紹介しています。

【刀ステ悲伝・感想】三日月宗近から「悲伝」の本当の意味を考察する(大千秋楽公演ネタバレ有り)

【ネタバレ注意・あらすじ】『悲伝 結いの目の不如帰』の新キャラ「鵺と呼ばれる」とは?

戦いの日々に終わりは見えぬ

時間遡行軍による歴史干渉は激化していく

それに伴い、俺たちの出陣頻度は明らかに増えていった

時間遡行軍との戦いの最中、突如現れた正体不明の剣士

その剣士は、様々な出陣先へと出没した

大人気刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の舞台化作品として人気を集めてきた「刀ステ」。

集大成として発表された最新作『悲伝 結いの目の不如帰』で、物語の鍵を握るのが「鵺と呼ばれる」です。

前回記事でご紹介したように、「鵺と呼ばれる」は激化していく刀剣男士と時間遡行軍の戦いの中で登場した謎の戦士でした。

※前回記事はこちら

【刀ステ悲伝・考察】「鵺と呼ばれる」から知る「ぼくはだれ?」が分からない私たちの苦しみ

『悲伝 結いの目の不如帰』の舞台となる永禄の変で暗殺される足利義輝は、室町幕府第十三代・征夷大将軍。

歴史改変を目論む時間遡行軍がで永禄8年に散る足利義輝の運命を変えようと、永禄の変に介入します。

時間遡行軍の気配を察知した刀剣男士たちが現れ遡行軍を殲滅して去った後。

まだ息のあった足利義輝が愛刀に手を伸ばしたとき抱いた、死ぬわけにはいかないという強い思いが刀たちに宿り、歴史上存在するはずのない「刀剣男士」を生み出します。

「よしてるさま…

つよくならなくちゃ…

もっとつよくならなくちゃ…

ぼくは…

よしてるさま…

し、しなせない…」

義輝が最期に抱いた無念から生まれた「鵺と呼ばれる」は義輝の想いを受け継ぎ、義輝の死のさだめを覆そうとします。

時間遡行軍は鵺に目をつけ、歴史改変を阻止する刀剣男士と戦うよう吹き込み、鵺はあらゆる時代に刀剣男士をおびき出して経験を積みます。

しかし鵺は戦闘力は上がっても、他の刀剣男士たちのように言葉を話すことができません。

その理由は骨喰藤四郎や三日月宗近といった、足利義輝の元にあった刀剣男士と接触したときに明らかになります。

ぼくは…だれ…?

わかんない…!

ぼくはだれ…!

おしえて…ほねばみ…!」

鵺は自分が生まれた元となる刀剣を定義できないため、自分は何者かを定義することができず苦しんでいたのでした。

苦しみながらも鵺はついに義輝と接触し、刀剣男士たちの本丸を殲滅し、義輝に迫る死の運命を覆してみせると誓います。

そして本丸襲撃の日。

時間遡行軍の奇襲を受けた本丸で刀剣男士たちは主である審神者を守るべく決死に戦い、修行から帰ったへし切長谷部、不動行光もともに奮戦しますが、次々と現れる敵に大きな被害を受けます。

最終的に審神者の力で強制的に時間遡行軍は弾き出されましたが、ある目的のために仲間を斬った三日月宗近も本丸から逃亡。

足利義輝は三日月宗近と邂逅し死の運命を変えてほしいと懇願しますが、三日月は協力の姿勢を見せませんでした。

義輝と三日月宗近のやり取りを見ていた鵺は

「みかづき、いらない

ほねばみも、だいはんにゃも、いらない

よしてるさま、ぼくが、まもる」

と己の決心を義輝に伝えます。

鵺が自分が何かが分からず苦しんでいることを知った義輝は、鵺の思いに答えるかのように、ある贈り物をします。

「なまえ…ない…

たくさんのか、かたなでできたか…あ、ああああ、あああああああ」

名も無き刀か

ならば儂が、お前に名を与えてやろう

義輝から「時鳥」という名をもらった鵺の最期。その刀剣破壊のセリフも深い意味が…

自分を表現する名を持たず苦しんでいる鵺に、義輝は名前を授けることでその苦しみを除こうとしました。

「時の鳥、と書いて『時鳥』。」

ほととぎす…

そうじゃ、お前は時鳥じゃ!

時を越えて、儂を連れて行ってくれ」

「つれていく?」

「ああ、この永禄を超えた、まだ見ぬ歴史の先にじゃ」

義輝から「時鳥」という名をもらった鵺は他の刀剣男士のように人間の言葉を操れるようになります。

貴方が名を与えてくれたお陰で、俺は俺という刀になった

だから俺は貴方のために戦う

俺は貴方の刀であり

これは、俺という刀の物語だからだ!」

義輝の最期の日を超えて、彼が見ることのできなかった時代に連れていく時鳥の太刀として、鵺は刀剣男士と対峙します。

しかし最後は皮肉なことに「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」と言われる織田信長の刀だった刀剣男士たちによって命を絶たれます。

その最期の言葉も非常に深く、多くの観客の心を掴んでいます。

「果たされなかった願いも…

届かなかった想いも…

この瞑目(めいもく)の時も…

すべてが俺の物語だ!

帰りたい…帰りたくない…

僕たちは…どこに向かっているんだろうな

義輝さま…」

前回は「ぼくはだれ」と苦しむ鵺の姿から、自分とは何かが分からない人間の姿についてお伝えました。

時鳥という名を授かり散っていった鵺の「刀剣破壊セリフ」も、実は私たちに大切なことを教えてくれています。

「帰りたい…帰りたくない…」時鳥が残した言葉は、私たちに大切なことを教えてくれている

命尽きる最期の時に鵺が残した

帰りたい…帰りたくない…

僕たちは…どこに向かっているんだろうな

という言葉。

このセリフには「ぼくはだれ」が分からない苦しみを、鵺が最期まで抱いていたことが現れています。

前回記事でもご紹介していたように、仏教哲学では私たち人間は自分の本当の姿が分からない存在だと説かれています。

私たちには鵺と違い、生まれたときに親から名前を授かり、どこに生まれた何と呼ばれる存在かは分かっているはずです。

それなのに自分の姿が分からないとはどういうことなのでしょう。

自分が分からないとは、言い換えればどこから来てどこへ行く存在なのかが分からないということだと仏教では教えられます。

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」のタイトルにもある「不如帰」。

作中で義輝は「不如帰」について言及する場面が何度かあります。

義輝「不如帰か…」

鵺「ほととぎす?」

義輝「死出の山からやってくると言い伝えられる、死の使いの鳥よ

帰るに如かず

その名は帰りたいとも、帰りたくないとも解釈することができる

ならばあの鳥は、死んだ者の魂を一体、どこに連れていくというのであろうなあ

と、死んだ人間はどこへ行くのかという疑問を口にしています。

義輝の言葉にある「死出の山」というのは死んだあとの世界を指す言葉です。

室町時代の仏教書には

死出の山路の末、三途の大河をば、ただ一人こそ行きなんずれ

という一節があります。

私たちはたった一人で、死後の世界に飛び込んでいかねばならないという意味ですが、その「帰る場所」はどんな所なのでしょう。

帰りたい」と思えるような安寧の地に帰ることができるのか。

帰りたくない」と思う恐ろしい場所へ行くことになるのか。

死という未来は確実にいつか訪れるのに、魂がどこへ行くのか分からない。

だから不安に満ちているのが人生だと仏教では教えられます。

私たちは日頃、学校や仕事での人間関係やお金の不安など、目先の不安で頭がいっぱいでこの不安が表面に現れることはありません。

鵺はこの世を去るとき「僕たちはどこに向かっているんだろうな」と言い残しますが、お経には

大命将終悔懼交至(大無量寿経)

という言葉があります。

現代の言葉に直すと、臨終に後悔と恐怖が代わる代わる襲ってくるという意味です。

人間は目の前に「死出の山」が迫ってきてはじめて、この不安を自覚すると言われています。

仏教では己の死という行き先を見つめることを無常観と言われ、生きている今、本当の意味で幸せになるための第一歩が無常観だとお釈迦様は説かれていきました。

私たちはどこから来て、どこに向かっている何者なのか

人生に必要な深い問いを、鵺は私たちに投げかけているように思います。

※書籍版「戯曲」が未発売の作品なので、映像作品から聞き取ったセリフを作中にご紹介しています。「戯曲」発売後、修正予定です。

 

20代からの仏教アカデミーって?学校案内はコチラ

「なんで仏教?」「なんなのこのサイト?」と思った方へ!

2分で終わる学校案内をしています。まずは詳細へGO!

  • なぜいま仏教なの?
  • カリキュラムの案内
  • メール講座の紹介
  • LINE@の紹介
  • 感想やご意見・ご質問はコチラから

    読んでいただき、ありがとうございました!感想はもちろんご意見ご質問をお聞かせくださいませ。お悩み相談も承ってます。仏教からのカウンセリングもしています。

    ご自由にお書きください

    メールアドレス*(返信のため)

    ABOUTこの記事をかいた人

    獄上(ごくじょう)

    中学生でBL萌えに目覚めてしまい、腐女子になってはや15年近くの、筋金入りの「腐った」OLです。 三国志大戦、Lord of Vermillionといったカードゲームや音楽ゲームが大好きで、ゲーセンゲーマー歴も気付けば8年。 現在は『刀剣乱舞』のへし切長谷部と日本号、燭台切光忠、歌仙兼定や大倶利伽羅を中心に色んな組み合わせに萌えたり、夢を見たりの沼生活を送っております。 沼全開のTwitterはこちらです→@gokuzyo