実写映画化で話題の漫画「四月は君の嘘」 宮園かをりと公生・椿の関係から分かる“縁”の大切さ

9月10日から全国の映画館で実写映画が放映中の人気漫画「四月は君の嘘」。 前回は主人公であり、元・天才ピアニストの有馬公生と、破天荒なメインヒロイン宮園かをりの会話から、「生きがい」について仏教哲学の視点からお伝えしまし…

実写映画化された『四月は君の嘘』 有馬公生を変えたヒロイン・宮園かをりの言葉から分かる“生きがい”の実態とは

9月10日から全国の映画館で上映されている「四月は君の嘘」。 原作は人気漫画の、待望の実写映画化です。 「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎さんが絶賛したことでも有名なこの作品は、漫画では表現が難しい「音楽」の表…

「天上天下 唯我独尊」に続きがあった?生きる意義を教えられた『三界皆苦 吾当安此』について

仏教の有名な言葉に「天上天下 唯我独尊」があります。 この言葉は「唯一、我(自分)だけが独り尊いのだ」という意味で誤用されることが多いのですが、正しくは「人間には果たすべき大事な使命、生きる意義がある」という意味です。 …

「神松」はなぜ「悪松」に殺されたのか?“意業”から悪松の正体を探る【前編】|おそ松さんからの仏教

東京ガールズコレクションやサンリオ、すき家など、アニメコンテンツの枠を大きく超えたコンテンツとのコラボで、まだまだ話題引っ張りだこな「おそ松さん」。 このシリーズでは、そんな「おそ松さん」の六つ子たちの言動を通して私たち…

ついに映画化!泣ける音楽漫画「四月は君の嘘」 主人公・有馬公生がピアノを弾けなくなった理由とは

「それは、最も切ない嘘でした」 今週10日から全国の映画館で放映が開始する映画「四月は君の嘘」。 原作は『月刊少年マガジン』で新川直司さんにより連載されていた漫画作品です。 累計発行部数は400万部。2012年度にはマン…

「へそくりウォーズ」の超レアキャラ“神松”から学ぶ、人生を幸せにするヒント|おそ松さんからの仏教

3COINSや歌舞伎とのコラボなど、まだまだ話題の尽きない人気アニメ「おそ松さん」。 おそ松たち六つ子の活躍を通して学べることを、今回も解説していきます。 本日のテーマは第21話「神松(かみまつ)」です。 ある日、突如現…

桜への贖罪には裏がある?時臣への殺意から分かる間桐雁夜の「貪欲」と「愚痴」とは|Fate/Zeroからの仏教

最新作「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)」の発売を11月10日に控えるFateシリーズ。 最初の作品が登場してから10年以上が経つも、ファンに愛され続けるその深いストーリーを、このシリーズでは仏教の視点か…

イ・ジョンソク主演の韓国ドラマ『W』と麻浦大橋「命の橋」プロジェクトから考察する“生きる意義”とは

こんにちは、YURAです。 先日、リオデジャネイロオリンピックの閉会式が行われました。 日本は過去最高41個のメダルを獲得したと話題ですが、そんなオリンピック真っ只中に放送されていたのが、イ・ジョンソクとハン・ヒョジュ主…

婚活で最終的に神頼み?“自分らしさ”を失ってませんか?漫画「婚活の達人」著者からのアドバイス:イベントレポート③

「20代からの仏教アカデミー」ではプロの漫画家・たまきちひろさんをご招待し 幸せになるカギは“自分を知る”にあり? と題して、たまきさんご自身の婚活実体験を描いた漫画「婚活の達人」を通してセッションイベントを開催。 今回…

訃報との向き合い方とは?30代同僚の急死で考えさせられた「3人の天使」と「老少不定」の話

「訃報」 ある朝、私の日常を一変させた一通のメール。 突然若くして亡くなった同僚の死から知らされたことについて、前回は有名な仏教の文章を通してお伝えしました。 今回は同僚の死から3ヶ月経ち、あらためて知らされたことをお伝…

「固定厨」「雑食」「地雷カップリング」ってなに?腐女子用語の解説と、趣向の深さを考察【腐女子からの仏教 後編】

いよいよ夏の風物詩、コミケが始まりました。 コミケの参加サークルの半数を占める「腐女子」向けサークル。 前回記事では腐女子とはどういう生き物なのか、具体例を出しながら解説しました。 年々勢いと知名度を増している「腐女子」…

映画『シン・ゴジラ』からゴジラという「死の象徴」を考える(ネタバレあり)#シンゴジラ

虚構でありながら、あまりにも現実を描き切った名作でした。 ネットを中心に大変な話題を起こしている映画「シン・ゴジラ」。 御多分に洩れず、私も職場の同僚や友人からも勧められて、見てみたところ、本当に面白くて驚きました。ゴジ…