ついに映画化!泣ける音楽漫画「四月は君の嘘」 主人公・有馬公生がピアノを弾けなくなった理由とは

「それは、最も切ない嘘でした」 今週10日から全国の映画館で放映が開始する映画「四月は君の嘘」。 原作は『月刊少年マガジン』で新川直司さんにより連載されていた漫画作品です。 累計発行部数は400万部。2012年度にはマン…

「へそくりウォーズ」の超レアキャラ“神松”から学ぶ、人生を幸せにするヒント|おそ松さんからの仏教

3COINSや歌舞伎とのコラボなど、まだまだ話題の尽きない人気アニメ「おそ松さん」。 おそ松たち六つ子の活躍を通して学べることを、今回も解説していきます。 本日のテーマは第21話「神松(かみまつ)」です。 ある日、突如現…

桜への贖罪には裏がある?時臣への殺意から分かる間桐雁夜の「貪欲」と「愚痴」とは|Fate/Zeroからの仏教

最新作「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)」の発売を11月10日に控えるFateシリーズ。 最初の作品が登場してから10年以上が経つも、ファンに愛され続けるその深いストーリーを、このシリーズでは仏教の視点か…

イ・ジョンソク主演の韓国ドラマ『W』と麻浦大橋「命の橋」プロジェクトから考察する“生きる意義”とは

こんにちは、YURAです。 先日、リオデジャネイロオリンピックの閉会式が行われました。 日本は過去最高41個のメダルを獲得したと話題ですが、そんなオリンピック真っ只中に放送されていたのが、イ・ジョンソクとハン・ヒョジュ主…

婚活で最終的に神頼み?“自分らしさ”を失ってませんか?漫画「婚活の達人」著者からのアドバイス:イベントレポート③

「20代からの仏教アカデミー」ではプロの漫画家・たまきちひろさんをご招待し 幸せになるカギは“自分を知る”にあり? と題して、たまきさんご自身の婚活実体験を描いた漫画「婚活の達人」を通してセッションイベントを開催。 今回…

訃報との向き合い方とは?30代同僚の急死で考えさせられた「3人の天使」と「老少不定」の話

「訃報」 ある朝、私の日常を一変させた一通のメール。 突然若くして亡くなった同僚の死から知らされたことについて、前回は有名な仏教の文章を通してお伝えしました。 今回は同僚の死から3ヶ月経ち、あらためて知らされたことをお伝…

「固定厨」「雑食」「地雷カップリング」ってなに?腐女子用語の解説と、趣向の深さを考察【腐女子からの仏教 後編】

いよいよ夏の風物詩、コミケが始まりました。 コミケの参加サークルの半数を占める「腐女子」向けサークル。 前回記事では腐女子とはどういう生き物なのか、具体例を出しながら解説しました。 年々勢いと知名度を増している「腐女子」…

映画『シン・ゴジラ』からゴジラという「死の象徴」を考える(ネタバレあり)#シンゴジラ

虚構でありながら、あまりにも現実を描き切った名作でした。 ネットを中心に大変な話題を起こしている映画「シン・ゴジラ」。 御多分に洩れず、私も職場の同僚や友人からも勧められて、見てみたところ、本当に面白くて驚きました。ゴジ…

今川焼きで殺し合い!?「4個」の「おそ松さん」に知ってほしい“自利利他の精神”|おそ松さんからの仏教

「ヤベえ・・・これはマジでヤバイよ」 おそ松の緊張感漂う発言から始まる、「おそ松さん」題7話のBパート「4個」。 アニメ本放送終了から半年近くが経ちつつある「おそ松さん」ですが、その人気はまだまだ圧倒的です。 8月3日か…

コミケに生息する「腐女子」とは?妄想力豊かな腐女子の生態系を分析してみた【腐女子からの仏教 前編】

もうすぐ「コミケ」ですね。 自他共に認める筋金入りの腐女子な私にとって、コミケは行かなければ夏が終わらないくらい、最大の年中行事。 近年急激に知名度を上げ、テレビでも報道されるようになった「コミケ」は世界中から「腐女子」…

婚活地獄・婚活疲れの原因は「自分を知らない」から?漫画『婚活の達人』著者が語る“常識と価値観”の話:イベントレポート②

「20代からの仏教アカデミー」主催イベントレポートの2回目です。 プロの漫画家であるたまきちひろさんをご招待し、たまきさんの婚活実体験を描いた漫画「婚活の達人」を通して マンガ「婚活の達人」著者が語る! 幸せになるカギは…

仮面ライダーゴーストは”仏教”がテーマ?アメトークでも紹介された異質なライダーを解説!

こんにちは。仮面ライダー好きのライター、ハマです。皆さん、テレビ朝日深夜トーク番組の「アメトーク」はご存知でしょうか? 「ガンダム芸人」や「ジョジョ芸人」など特定のジャンルをとりあげ、それに詳しい芸人さんたちと爆笑のトー…

結婚・出産の報告…Facebookのタイムラインに悶絶!トト子ちゃんを苦しめる「愚痴」とは|おそ松さんからの仏教

「SNSで他人より上の人生歩んでますアピールしたい」 「チヤホヤされるの、だ~い好き!!」 強すぎる自己顕示欲を恥じることなく公言、その欲を満たすためにアイドルとしてデビューし、気に入らないことがあればボディブローで六つ…