【宝石の国・考察】「できることしか やらないからだ」フォスの未来を変えたアンタークの名言から学べることとは

それは、強くてもろくて美しい、戦う宝石たちの物語。 昨年アニメ化された大ヒット漫画『宝石の国』。 古代と言われるほど昔に人類が滅んだ世界に生きる、人間とよく似た姿をした宝石たちのアクション・バトル・ファンタジーです。 高…

『宝石の国』で描かれる“月人”とは?私たちの本質に迫る深い人間観 ※ネタバレ注意

この星は六度流星が訪れ 六度欠けて 六個の月を産み 痩せ衰え 陸がひとつの浜辺しかなくなったとき すべての生物は海へ逃げ 貧しい浜辺には不毛な環境に適した生物が現れた 『宝石の国』は六度の隕石で地上の生物が滅んだあとの世…

日本人の憧れ、タワーマンションはデメリットがたくさん?住んでる人も住めない人も苦しんでいる

タワーマンションって憧れますよね! 筆者はタワーマンションなんて一生買えない、平社員のOLです。 スーパーの特売情報を聞いては飛んでいき、出納帳を付けるたびに頭を悩ませる低収入庶民。 そんな私にとって、タワーマンションは…

【宝石の国・考察】ダイヤモンドがボルツに抱く愛と嫉妬。ダイヤを苦しませる心の正体とは?

この星には、かつて「にんげん」という動物がいたという。 市川春子先生による『宝石の国』は、人類が滅亡した世界で生きる宝石たちを描いたアクション・バトル・ファンタジーです。 「このマンガがすごい! 2014年」オトコ編第1…

【宝石の国・考察】フォスとシンシャを悩ませる「自分に『存在価値』はあるのか、ないのか」という問い

遠い未来、僕らは「宝石」になったーーー。 人類が滅んだ後、ずっとずっと先の未来で、人間によく似た宝石たちが生きていました。 月からやって来る天敵・月人(つきじん)たちと宝石たちが戦う物語を描いたアクション・バトル・ファン…

「人は死んだらどうなるのか」をガチで考えてみた。分かったことは単純な「有る」「無し」ではないということ

現在、深夜の2時。死んだらどうなるかを大真面目に考えています。 大学時代をエロスの研究に捧げ、四六時中エロスについて想いを馳せている私ことショーンは今、珍しく「死んだらどうなるか」という人生の最大問題に想いを馳せているの…

数珠丸恒次のログインボイス「諸法無我」ってどういう意味?『刀剣乱舞』から学ぶ仏教の基本

強い期待が寄せられる中放送スタートした冬アニメ・続『刀剣乱舞-花丸-』も次回でもう第3話。 毎週日曜日の放送を見るため夜更かししてしまい、月曜日の朝が辛い審神者の皆さまも多くおられると思います。 アニメ・続『刀剣乱舞-花…

『刀剣乱舞』の数珠丸恒次が言うセリフ「諸行無常」ってどういう意味?天下五剣から学ぶ仏教の基本

続『刀剣乱舞-花丸-』が1月7日から放送スタートしました。 gooランキングの1月スタート「深夜アニメ」ランキングにて3位にランクインしており、視聴者からの期待の高さも伺えます。 これは外せない!1月スタートの「深夜アニ…

腐女子の煩悩は801個?除夜の鐘を聞いたら消し飛ぶ!?腐女子人生と切っても切り離せない「煩悩」

今日から冬コミケ!!2020年問題も話題のコミケが今年もスタート 今日から腐女子にとって欠かせない年末行事・コミックマーケットがスタートですね。 2020年のオリンピック開催に伴うビッグサイト問題にも動きがあり、今年はさ…